フォトスタジオの利用が初めて【気軽に通える】

仮想現実がいまアツい

カメラ

業者依頼のメリットとは

VR元年と呼ばれた近年。コンピュータのみだったVRは現在ゲーム機、はたまたスマートフォンやアトラクションなどその裾野を確実に広げつつあります。家に居ながら仮想現実の空間に居られるとあって、これまでのエンターテインメントを塗り替えるとさえ言われているVRですが、まだまだ大きな課題があります。ひとつは年齢制限の問題ですが、もうひとつはコンテンツ制作や撮影が非常に煩雑、ということです。通常の映像コンテンツを制作する場合とVRコンテンツが大きく異なる点は、全周囲カメラやバイノーラル録音といったVR独自の技術を用いなければいけない点です。全周囲カメラはその名の通り、周囲の様子360度を撮影するもの。バイノーラル録音は、人間の耳にリアルに聞こえるよう、左右の音量バランスを調整する技術です。また、それらの情報を統合し、VR視聴者がどんな環境でも作動するように調整する編集技術も必要となります。このように作業が繁雑であるため、動画投稿サイトのように個人で制作することは非常に困難と言わざるを得ません。そうした煩雑なVRコンテンツの制作は、業者に依頼するのが近道でしょう。納期はまちまちですが、プロの制作ですのでクオリティは担保されています。例えば動画コンテンツを制作する場合、デートムービーのような作品であれば俳優のキャスティングを。ゲーム要素を伴うようなアトラクションとしては、CGモデル等を用意することで撮影を行ってくれます。VR自体が黎明期にあるためVR撮影専門業者はまだまだ少ないですが、インターネット上や専門サイトなどで簡単に相談や見積もりが可能です。VRでのコンテンツ制作を考えている方は、ぜひ検討してみましょう。

Copyright© 2018 フォトスタジオの利用が初めて【気軽に通える】 All Rights Reserved.