辛い関節痛に効く

老夫婦

加齢とともに関節の痛みや関節の可動に違和感を感じる方が多くなっています。それは体内に含まれているグルコサミンが減少しているためです。グルコサミンは人体の中でも、関節や爪といった軟骨部分に含まれている成分で、関節の可動に大きな関わりをもっています。グルコサミンは体内で作られていますが、グルコサミンを含む食べ物やサプリメントで摂取することが出来ます。軟骨の成分にはコラーゲンとヒアルロン酸という成分が含まれています。グルコサミンにはコラーゲンとヒアルロン酸を作る働きがあります。そのことからグルコサミンは関節痛に効果的であると知られています。グルコサミンの減少が関節痛の主な原因と言われており、グルコサミンは加齢とともに生成されるスピードが減速してしまいます。その為関節が痛くなったり、可動がしにくくなったりするのです。

近年では、グルコサミンが人体の関節や軟骨にどのような効果をもたらしてくれるのか研究が進められており、近いうちには更に大きな健康効果が期待できるグルコサミン製品が開発されるとして知られています。軟骨を作る効果以外にも、軟骨の代謝を良くしていくことで傷ついた軟骨を治す効果も確認されています。軟骨を外部でぶつけてしまうなどが原因で、内部に炎症が起こってしまった場合にもグルコサミンが痛みを和らげてくれるのです。このようなことから、グルコサミンが関節に効果的であることが分かります。

またグルコサミンは牛乳やコーヒーなどに含まれている、MSMと呼ばれる成分と一緒に摂取すると更に関節痛に効果があると知られています。MSMにもグルコサミンと同じように関節の炎症や痛みを抑えてくれる効果があるうえ、通常のサプリメントに合わせて、牛乳やコーヒーといった普段生活の中で摂取しているものと合わせて取ることが出来るのです。関節痛の痛みを少しでも和らげたい方はMSMと一緒に摂取すると良いといえます。

トップへ